Text Size : A A A
Img_65b6365673fb19502ecadf269bc5c772


cinnamonのクランブルをかけて焼き上げます。



Img_226b0a71dd0d3ee12ae0acaa14d142c5


パクパク食べてしまう美味しさです。



Img_7059720714aa8ad56e79ea57df4f3cd7


今日のいろり君。


ときわちゃんのおちりを枕に寝てます。


zzzzz。
Img_ff815e415ad13ba100a9b848304939c5

おはようさんです。


暖かい春の訪れ、桜も満開です。


皆様、楽しい休日を。


Img_5895628b5ff439d842cc1a2ad3e15c79


織田信長によって一族を惨殺された怨念と、忍者としての生きがいをかけて豊臣秀吉暗殺を
ねらう伊賀者、葛籠重蔵。
その相弟子で、忍者の道を捨てて仕官し、伊賀を売り、重蔵を捕らえることに出世の方途を
求める風間五平。
戦国末期の権力争いを背景に、二人の伊賀者の対照的な生きざまを通して、かげろうのごとき
忍者の実像を活写し、歴史小説に新しい時代を画した直木賞受賞作品。

(裏表紙より)

司馬さんの切れ味鋭い文章にいつも惹き込まれます。
葛籠重蔵の忍者として生きる悲哀、葛藤。
甲賀者、小萩との恋、、、。

そしてまさか石川五右衛門とは、、、。

読み応えのある一冊です。



Img_5de24e1ca719b601a1d2b55c304e4322


終戦後の沖縄。
米軍の若き軍医・エドワードはある日、沖縄の画家たちが暮らす集落‐ニシムイ
美術村に行きつく。
警戒心を抱く画家たちだったが、自らもアートを愛するエドは、言葉、文化、
何よりも立場の壁を越え、彼らと交流を深める。
だがそんな美しい日々に影が忍び寄る。
実話をもとにした感動作。

(裏表紙より)


アートを通しての交流。
原田マハさんにしか書けなかった物語だと思いました。
楽園、暗幕、、、とともに好きな一冊です。

Img_9caa3fc089aa194206796d7c0a764fa3


小間物問屋遠野屋の若おかみ・おりんの水死体が発見された。
同心・木暮信次郎は、妻の検分に立ち会った遠野屋主人・清之介の
眼差しに違和感を覚える。
ただの飛び込み、と思われた事件だったが、清之介に関心を覚えた
信次郎は岡っ引き・伊佐治とともに、事件を追い始める、、、。
闇と乾きしか知らぬ男たちが、救済の先に見たものとは?
哀感溢れる時代小説!

(裏表紙より)


児玉清さんの著書に紹介されていた一冊。
謎が謎をよぶ展開で一気に読みました。
とても面白かった。
明かされる清之介の過去、、、。
最後のおりんとの場面は何度も読んでしまい涙、、、。
おススメの一冊です。
Img_f16055e746d2a571b07068823f7a13b6


今日のいろりとときわちゃん。


旦那さんの足を枕に寝てます。


気持ちよさそう。



Img_50bd31f0b62f1fef16ed9b6b092c3e36


zzzzz。


zzzzz。


Img_3a77dafdaaecedfed3142f8273f19eec


まったり時間。


Img_6524c53b03b70d93860425c06514b4f8


zzzzz。


zzzzz。
Img_313c6a938f20c121e3981aebdc07a2fd


おはようさんです。


明日は新元号発表。


楽しみですね。


皆様、良い休日を。