Text Size : A A A
Img_0f98b6b63a24df4ecadd4a6edf3199b7


希望を胸に身一つで上方から江戸へ下った豆腐職人の永吉。
己の技量一筋に生きる永吉を支えるおふみ。
やがて夫婦となった二人は、京と江戸との味覚の違いに悩みながらもやっと
表通りに店を構える。
彼らを引き継いだ三人の子らの有為転変を、親子二代にわたって描いた第126回直木賞受賞
の傑作人情時代小説。

(裏表紙より)


地道に頑張る永吉とおふみ。

それを助ける周りの人々の温かい気持ちが泣けました。

そして月日が経ちすれ違う夫婦、親子関係、、、。

でも最後は両親の愛を知り繋がっていきます。

読み応えのある一冊です。