Text Size : A A A
Img_ddff441d78ecebbdb2abeb862ac02996


近年その覇者が音楽界の寵児となる芳ヶ江国際ピアノコンクール。
自宅に楽器を持たない少年・風間塵16歳。
かつて天才少女とデビューしながら突然の母の死以来、弾けなくなった
栄伝亜夜20歳。
楽器店勤務のサラリーマン・高島明石28歳。
完璧な技術と音楽性の優勝候補マサル19歳。
天才たちによる、競争という名の自らとの闘い。
その火蓋が切られた。

(裏表紙より)



音楽の情景描写が分かりやすく、美しく。


読みながら曲を聴いている感じでした。


コンクールを通して変わっていく天才たち。


各々の葛藤がまた面白かったです。


読み応えのある一冊でした。