Text Size : A A A
Img_b94baf39bfdcc4495d723f8387fca4e0


北は瀬戸内海に面し、南は山々に囲まれた讃岐国・丸海藩。
江戸から金比羅代参に連れ出された九歳のほうは、
この地に捨て子同然置き去りにされた。
幸いにも、藩医を務める井上家に引き取られるが、
今度はほうの面倒を見てくれた井上家の琴江が毒殺されてしまう。
折しも、流罪となった幕府要人・加賀殿が丸海藩へ入領しようとしていた。
やがて領内では、不審な毒死や謎めいた凶事が相次いだ。
(裏表紙より)


不憫な境遇のほう、そのほうに温かく接する人たち。
どの人物も魅力的に描かれています。
そして、加賀殿とほうのやりとりには胸を熱くします。
悲しい最後だけれど、何故だか温かい気持ちになりました。
宮部さんの物語はいつも惹き込まれます。
おススメです。



空いた時間に本を読んでいます。
この小さな本に心を揺さぶられ、喜怒哀楽、様々な気持ちが出てきます。
本を読むと感情豊かに育つと思います。(幾つになっても。)