Text Size : A A A
Img_ff0d9198bcfa59824f790da5e1d1fb05


「私にとって重要なのは在りし日のこの国の文明が、人間の生存をできうる限り


気持のよいものにしようとする合意とそれにもとづく工夫によって成り立っていた


という事実だ」 (本文より)



近代に物された、異邦人によるあまたの文献を渉猟し、それからの日本が


失ってきたものの意味を根底から問うた大冊。


(裏表紙より)




江戸末期から明治にかけての日本人の暮らしが具体的に記されています。



質素ながらも自然を愛で、笑顔の多かった日本人。



便利で物は豊かになった現代と比べると、ほんものの豊かさとは、、、と考えさせられる



一冊です。

Img_062799ba68f07ba40da698f5425ae231


今日のいろり君。



洗面所からこんにちは。